ベビーシッターの食事は用意すべき?

ベビーシッターの食事は用意すべき? ベビーシッターを利用する時間はあらかじめ決めておかなくてはなりませんので、何時から何時まで利用するのか、時間を決めて依頼をしておく必要があります。どのくらいの時間利用するのか、どの時間帯に利用するのかによって、ご飯の時間をまたいでお願いをするようになりますが、食事は子供のだけを用意しておけばいいのでしょうか。お昼時になれば子供のご飯は必要になりますが、ベビーシッターも食事をしなくてはなりませんので、用意すべきか迷う事になります。
ベビーシッターを利用する場合、ベビーシッター分の食事の用意の必要があるかを確認しておくといいでしょう。ほとんどの場合は、本人が自分で用意してくるはずですので必要ありませんが、一応確認だけはしておかなくてはなりません。万が一用意してきていなかった場合には、空腹のまま仕事をしてもらう事になりますし、途中で買いに出られるような事になってもいけませんので、確認をしておきましょう。

子供におやつを与えるかどうかも指示しておきましょう

子供におやつを与えるかどうかも指示しておきましょう 保育園の数が少なく、入園を希望しても断られるケースが相次いでいることが社会問題になっています。いまや共働き世帯が当たり前になっている現状で、保育園ではなく自宅で子供の面倒を見てもらえるベビーシッターを選択なさる方が大勢いらっしゃいます。子供の世話をするプロフェッショナルともいえるベビーシッターですが、実際に自宅に来てもらって業務を行なう前に事前に子供の世話について打ち合わせをしておく必要があります。
食事のメニューは依頼者が制作し、食材を冷蔵庫に入れておけば指示通りにしてくれますが難しいのがおやつをどれだけ食べさせていいのかということです。持病があり一切おやつを与えてはいけない、虫歯があって甘いものは食べられないなど細かい指示を出していないと普段は食べてはいけないのに子供はベビーシッターにねだることでおやつが食べられると覚えてしまうケースがあります。種類や分量も細かく指示することで未然にトラブルを防げます。