ベビーシッターへの要望の伝え方

ベビーシッターへの要望の伝え方 ベビーシッターへの要望がある場合は、基本的に事前の打ち合わせが必要になります。シッターを提供する多くの会社は、利用する前に事前登録を行います。事前登録で料金が発生することはほとんどなく利用時に料金が発生しますが、事前に確認をしておきましょう。
契約完了後の流れとして、利用日を決めて保育に関係した内容を打合せするため、この打ち合わせの時にベビーシッターへ要望を出します。例えば、食事や寝る時間の設定、しつけに関する内容など保育に関係した内容であれば要望を出すことが可能です。会社によっては保育に関係しない家事を頼むことも可能ですが、料金設定は高くなるので注意が必要です。ベビーシッターが自宅に到着後に急遽追加で頼みたいことができてしまった場合は、ベビーシッターへ確認し指示に従って契約会社へ連絡することもあります。そのようなことも含めて契約前に疑問を持ちやすい部分は確認をし、上手にシッターとの関係性を築きましょう。

ベビーシッターとの連絡手段

ベビーシッターとの連絡手段 ベビーシッターとは、いざという時のためにもすぐに連絡が取れる方法を確認しておきたいものです。最近では携帯電話やメール以外にもすぐに連絡がとれるSNSアプリなどもあり、ベビーシッターの手助けが必要になった時や子供がトラブルや怪我などをしたときにもすぐに情報を共有できて便利です。
保育中には、それらで写真を送ってくれたり、長時間預ける時には随時様子を連絡してくれるようにしてもらうと、預けている親としても安心感が違います。インターネットサイトを通じて申し込む場合には、会社を通じてメッセージを送受信するところも多いですが、個人間でのやり取りが可能な場合には、携帯電話番号やメール、SNSのアカウント名などをお互い交換することにしましょう。そうすることでよりスムーズで柔軟性を持ったやり取りが可能になります。手段が様々ありますので、お互い一番繋がりやすい方法を事前に話合うことも大切ですので、聞いてみましょう。